機械式時計は市場では主流ではないかもしれません。しかし多くの魅力があります。機械式時計とクォーツ式時計の違いとは何でしょうか。

質の良い時計選び・・・ブランドは?メンテナンスは?

機械式時計とクォーツ式時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
機械式時計はお好きですか。
現在ではクォーツ式が主流になっていますので、機械式腕時計はあまり人気ではないかもしれません。
それでも機械式時計を愛用しておられる方はたくさんおられます。
機械式時計とクォーツ式時計にはどんな違いがあるのでしょうか。
また購入を考えているのであれば、どんな点に注意する必要があるのでしょうか。
機械式時計はクォーツ式に比べて壊れやすいので、定期的なオーバーホール(機械を部品単位にまで分解し、清掃や点検を行う事。
再度新品時の状態に戻す過程の事)が必要になってきます。
さらに、機械式時計は精密機械です。
とても精巧にできているので、クォーツ式に比べて非常によく故障します。
不具合を起こし動作不良になることもあります。
故障や不具合の原因はいくつかありますが、その代表的なものが、磁気による不具合です。
機械式時計の中にあるゼンマイなどが磁気の影響を受け磁石になってしまい、その結果動作不良を起こします。
時期を発生させるものは多くありますが、その代表格として、磁気ネックレス、電磁調理器、磁石そのもの等があります。
仮に部屋の中にこれら磁気を発生させるものがあったとしても、20センチ以上離していれば影響はないようですので、あまり神経質になる必要はないと思われます。
またクォーツ式時計は機械式に比べて精度の面で優れています。
クォーツ式では月平均で30秒程の誤差しかありませんが、機械式では週に1分程度の誤差がでるのは普通です。
非常に安価なクォーツ式時計と高級モデルの機械式時計を比較しても、結果は同じようです。
どうしてこのような差がでるのでしょうか。
これは機械式時計の構造上仕方のないもののようです。
どんなに良いモデルでも少しずつ誤差は生じてきます。
ですので、誤差を少なくするために、ガラス面を上にして置くとか、磁気を発する可能性があるもののそばには置かない、などの注意が必要です。
機械式時計のメリットとして、電池交換の必要がありません。
さらには、なんと言ってもあの形です。
歴史を感じますし、非常に趣があります。
長年使っている物であればなおさら味わいがあります。
機械式時計は市場では主流ではないかもしれません。
それでも多くの人々の心をつかんで離さない魅力が確かに存在します。
あなたはどちらの時計を持っていますか。
もしクォーツ式しかもっていないのであれば、この機会に機械式時計について調べてみるのはいかがですか。
きっと新たな発見があると思います。

注目情報

Copyright (C)2017質の良い時計選び・・・ブランドは?メンテナンスは?.All rights reserved.